FC2ブログ

記事一覧

竿掛け/竿受け

鯛ラバやジギングでは 使うことありませんが。。。

釣り種によって 竿掛け/竿受けは非常に便利な
アイテムですね

常連さん用に 作成してましたが使用される方が
増えて参りましたので 竿受け台 NEW TYPEを
作成致しました

竿受け/竿掛けのTYPEによっては木を挟んだり
使用できない場合があるかも知れませんが。。。
それをできるだけ避けるためにもベース/受け台の
情報をUPしておきます






【ロッドホルダーベース】
CIMG2769.jpg 
幅270mmあり 竿受け/竿掛けは使用出来ないため
ロッドホルダーベースを 設置しております



~設置例~ 徳島 N氏
CIMG2726.jpg 
DAIWA   Pawer Holder Sokko Bort CH
                     Pawer Holder CP Bort  など
                   

CIMG2724.jpg 
DAIWA製品  直接ベースに設置できる製品があります



DAIWA  Power Holder Sokko CH Boat
PowerHolderSokko_Boat_CH_2 ロッドベース固定型





DAIWA  Power Holder CP Bort
PowerHolderCP_Boat_red PAWER HOLDER CP BOAT ベース固定型 







【縦付け専用台 TYPE A】
CIMG2764.jpg 
旧TYPEの台(左右120mm/幅50mm/高40mm)


CIMG2765.jpg 
ホルダーベースから取付部(白の部分)まで 130mm程度
※LARK Light TYPE に再加工したため他の製品には
 使用不可かも分かりません。。。



LARK Light TYPE
CIMG2753.jpg 




CIMG2766.jpg 
LARK Light TYPE
木を挟む余裕が無いため ゴムを挟めば安定します


CIMG2767.jpg 
限界ギリギリ設置可能です(115mm以内)


CIMG2756.jpg 
ボルトがベースにギリギリです











〝NEW Version〟
【縦付け専用台 TYPE B】
CIMG2763.jpg
NEW TYPE (前後200mm/幅80mm/高45mm)
ほとんどのロッドホルダーは大丈夫かと思われますが
挟み木が必要な場合もあると思われます


CIMG2762.jpg 




~設置例~  神戸 H氏
CIMG2781.jpg 
理想的なセッティングですねぇ
尻手ロープがあると安心でございます


CIMG2782.jpg 
安定感良さそうです



~設置例②~
CIMG2759.jpg 
LARK Light TYPE


CIMG2758.jpg 
LARK Light TYPE

 
CIMG2760.jpg
ダブルTYPE はみ出るため挟み木が必要になります





DAIWA Light Holder Metal 90CH (シングルTYPE)
PowerHolder_CS90CH_Black PAWER HOLDER 90CH  LightHolderMetal_90CH_red B TYPE 固定型 LightHolderMetal_90CH_metalsilver B TYPE 固定型
◎シングルTYPE

LightHolderMetal_90CH_blue B TYPE 固定型    LightHolder_illust LIGHT HOLDER METAL 90CH 見取り図





DAIWA Power Holder CP/GS 160CH (ダブルTYPE)
PowerHolderCP_160CH_red.png  PowerHolderGS160.png
※挟み木が必要です






SHImano  Rod Holder

SHImano product4 V-HOLDER RH-021Q 



SHImano product4 V-HOLDER SP 


SHImano 製品 使用された方がいないのですが
縦付け専用台 TYPE Bなら 恐らく...
挟み木をすれば大丈夫かと思われます
(縦付け専用台 TYPE Aでは設置不可能でした)


竿受けを常時 使用されている方なら分かる事でしょうが
今後 NEW TYPEに何らかの修正箇所が生じてくるのかも
しれません。。。ご自身の経験と知識と照らし合わせ
上記のことを参照にし 判断して頂ければと思います





スポンサーサイト